テーマ:自閉症

学校に親はなじまない

このところ、昔の記事ばっかりアップしていたので。。。 今日は、オンタイムで(笑) 昨年度、娘のクラスががたがたと崩れ、 行ける親が朝から下校まで、クラスに入って「支援」していました。 先生方は、「学校に親はなじまない」と言いながらも、 自分たちだけでは手が回らず、親が入ることを認め、 少なからず感謝もしてくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2005年11月8日~支援者という立場で書いています

昨日アップした2005年11月6日の記事。 自閉症の人のつらさと自分のふがいなさに、 子どもを抱きながら泣いていたところを、看護師さんに見られて、 マタニティーブルーか!?と心配されたっけ・・・(^^; たぶん、気持ちがセンシティブになっていたのは確かなんだろうな。。。 もう9年も前のことなんだなぁ。。。 ・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2005年11月6日~子育ての中で改めて自閉症を学ぶ

November 6, 2005 「子育ての中で改めて自閉症を学ぶ」 眠い目をこすりながらやっと書き上げた日記を 送信ミスで消してしまってから早3日。 スタート2日目にして、ショックでお休みしてしまいました。 せっかくアクセスしてくださったみなさま ありがとうございます&ごめんなさい。 さて… 人生初めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2005年11月2日の日記

さて。 3年目に入ったこのブログ。 いやなアクセスもなく、続きそうですので、 予告通り、時々、以前のブログ記事を、ここに復活させてあげようと思います。 記念すべき、第1回の記事。 November 2, 2005 初霜 霜月に入ると同時に霜が降りました。 稲刈り後の田んぼは真っ白。 畦の草についた霜は朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感情の温度計(つづき)

娘と、感情の温度計の話しをして、解決したいらいら。 もうひとつ。 娘は、学校から帰ってくるとすぐに宿題を出し、リビングでやり始めます。 その時間は、私もできるだけ時間をつくって、一緒のテーブルについて、宿題につきあうようにしています。 そして、 娘の宿題の答えが間違っていると、すぐに「そこ違ったよ」と言うようにして…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

感情のレーティング~感情の温度計

The CAT-kitの研修で、温度計のようものをつかって、感情のランク付けする、ということを学びました。 群馬からの帰り道、娘(8歳)と、やってみました。 といっても、私は運転しながらだし、kitもないので、「もし気持ちを温度計みたいにはかるとしたらね…」という設定で話しあってみただけですが…。 ★「うれしい」と「楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感情のコントロール~感情をレーティングする

昨日と一昨日、群馬で開催された、服巻智子先生の研修会を受講しました。 Social StoriesTMとThe CAT-kitの入門講座です。 (世界レベルで)最新の情報も盛り込まれたTomoko先生の講義は、実践的かつ理論的で、いつもいつも勉強になります。 今回も、もちろん、すばらしい内容でした。 Social S…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

学ぶ姿勢

自閉症の人にご協力いただいて、障害特性と構造化された支援の導入を学ぶ研修を試行しています。 全7日コース。 今年に入って2回目が先週末にUP。 最終日の実習にむけて、基礎理解からスタートし、ひたすらアセスメントとプランニング。 実習前日のシュミレーションまでたどり着き、やってみて…またダメ出し…。 受講している人たちは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

障害者虐待防止法が成立

障害者虐待防止法が成立。 いろいろ議論、課題はあるにせよ、 なにはともあれ、成立したことは、良かったと思う。 が、発達障がい分野での課題は、大きいなぁとも思う。 何を隠そう、私は、某知的障害者入所厚生施設に就職してからの10年間、自閉症の利用者さんに虐待をしていた。 就職して10年間、誰も、私にそのことを教えてくれなか…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

やる気は相乗効果

先週、大雪の北海道で、若い支援者のみなさんの研修の講師をさせていただいた。 ばたばたしたスケジュールの中で、しかも、初めてのプログラム。 こなれていないし、時間配分もうまくいかない。。。 でも、せめて中身はしっかりと伝えよう!と思いながらのスタート。 話していて、ふと気づく。 あれ?なんだか私すごく一生懸命話してる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親の責任と義務と権利と

とある研修を受け、 「どんなにいい支援、いい教育をしようとしていても、正しい障害理解がなければ悪意のない虐待である」という主旨の言葉に出会い、それまでの人生を深く反省し懺悔の日々を送るようになってすぐ。 だから。。。もう何年前になるのかな(^^; 研修の余韻のさめないその勢いで、ノースカロライナの視察の旅行に参加。 研修で学…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ふれあい囲碁

「やねだん」で、総務省・椎川さんがご紹介くださった「ふれあい囲碁」 いつか、ふれあってみたい!と思っていたのですが・・・ 11月、安田九段が海外への親善使節として出発される前日に、 川崎で、ふれあい囲碁まつりがあり、参加させていただきました。 「ふれあい囲碁」という 子どもからお年寄りまで、 障害がある人も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Treatment~本来持っている力を引き出す

Treatment TEACCHのTがTreatmentのTだと知ったとき感動だったな。 「できないことを補いつつ、本来持っている力を引き出す」 初めてTEACCHのアイデアを学ぶ研修を受けた横浜で 当時スタートしたばかりだったユニット&個室対応の入所施設を見学したときにした質問 「どのくらいで、利用者さんは落ち着いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鞄に詰める

週末にじーばーのところへ行ってきました。 みんな(私も娘も)が好きだから。とおみやげに買った「雷鳥の里」。 http://www.raicyonosato.jp/raicyonosato.html 「私大好きだから☆」と、残りをもらってきた娘。 今朝おめざに食べようと。 「雷鳥の里どこにいれてきたの?」 娘「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発達障がい者に対する療育手帳の交付について

発達障がい者に対する療育手帳の交付について(概要) -行政苦情救済推進会議の意見を踏まえた通知- 「総務省行政評価局は、次の行政相談を受け、行政苦情救済推進会議(座長:堀田力)に諮り、 その意見を踏まえて、平成22 年9月13 日、厚生労働省に対し通知します。」 として、9/13付けで総務省から厚労省に通知がでています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アセスメント

 「アセスメントは組織のマネジメントシステムを確立した後において、目指す方向、達成すべき目標との差及びその課題を特定し、更に継続的にパフォーマンスを向上させるために行います。」 <経営アセスメントコンソーシアムHPより引用> 自閉症(障がい者)支援でも、支援の対象となる人の支援計画をたてるために「アセスメント」をします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うまくいっているときこそ

久しぶりに、次々更新(^^: 先日経営コンサルタント会社のHPで見つけた言葉。 「マネジメントとは、結局のところ、うまくやっている間にいかに変身をはかるかである。 (レスター・サロー )」 頭に「ケア」をつけてみよう! 「ケアマネジメントとは、結局のところ、うまくやっている間にいかに変身をはかるかである。」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご都合主義を排す

昨日は、某発達障害専門相談機関でのアドバイザー。 かれこれ5年目? 年々、「あぁ、やっぱりこんなことになっているんだな・・・」というケースが増える。 年齢が高ければ高いだけ、こじれて絡んで膠着状態。。。 発達障害の人たちをとりまく状況は、社会の問題の縮図のよう。。。 どこからどうほどけばいいのか。 まだほどけるのか。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大阪そして京都・大原

今月最初の土日に、 確か京都大原へ行ってきたはず。 大原山荘という、寂光院のすぐ近くの宿に泊まり、 とてもいい温泉に入ったことは覚えているのだけれど。。。 http://www.ohara-sansou.com/ 夜に水辺で蛍狩りをしたことも、覚えているのだけれど。。。 寂光院も、三千院も。。。拝観した??? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イノベーション

イノベーションという言葉は、よく耳にしていました。 「技術革新」や「経営革新」という意味として。 でも、椎川審議官のお話を聞き、どうやら、根本的に違っているらしい。。。と気づきました。 「ウィキペディア」で調べると。 イノベーション(innovation)とは、 物事の「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世間の風

娘のバス通学への記事に、 ながたさんから、こんなコメントをいただきました。 ありがとうございます☆ ・・・☆・・・ このあいだ、同じような思いで、 次のようにつぶやきました。 ******************* 母子通園施設に通っていた頃、 「できるだけ公共交通期間で来て下さい。」といわれ、 隠れて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「きらっと生きる」NHK教育6/18昼12:00~ 要チェックです☆

すっかり忘れてたぁ。。。\(◎o◎)/! ・・・・☆・・・・ http://hiromoto.seesaa.net/article/152832823.html 明日6月11日20時:NHK教育:むそうがTVでの巻き 「きらっと生きる」NHK教育 本日6月11日夜8時から! 社会福祉法人むそうの。うんぷう:西畠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登校拒否 その2 おでんくんの場合

前回の、娘の登校しぶり?!の記事に、お友達の「おでんくん」がコメントをくださいました。 とってもいい&おもしろいお話なので、コメントにとどめておくのがもったいなくて、こちらで紹介させていただきます(^^) おでんくんは、保育士さんです。 ・・・☆・・・ 私も小学1年生の時、登校拒否をしていて、毎朝大泣きでフェンス(おそら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登校しぶり?!

夕べ寝る前のこと。 ベッドに入り、電気を消すと、「おかあさん、おなかが痛くなっちゃった」と娘。 うんち? 違う。 食べ過ぎたかな? 違うよ。 じゃぁ。何か考えた? うん・・・。 *娘は、何か気にかかることがあると、おなかが痛くなります。 何考えたの? ・・・。 学校行きたくないのかな? ・・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生き残るヒト

1990年発行『「寝たきり老人」のいる国 いない国』 遅ればせながら拝読したのが、1991年。 1つの棟に50人。 4つの棟で、200人の知的障がいの人が入所していた施設で働き始めてすぐのことでした。 「寝たきり老人」は寝かせきり老人であるという衝撃的な事実に、 自分の目の前で暮らしている人たちの暮らしが重なりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「SCHOOL OF ROCK」情報の2

またまた。 梶原徹也さんのブログから。。。 http://ameblo.jp/tetsuya-kajiwara/ 2010年04月29日(木) 付 もうひとつ「SCHOOL OF ROCK」の記事です!! 浜松ドリームフィールド代表 大山浩司さん が、読売新聞静岡版に隔月で掲載している 「まなざし」というコーナーか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素敵すぎる(*^ ^*)

4/12の記事です。 ↓ http://yamabaa.at.webry.info/201004/article_10.html OH!満開ライブのメンバー 元ブルーハーツドラム、梶原徹也さん(→ http://ameblo.jp/tetsuya-kajiwara/)が、 ↓ 音楽通し“一歩”を 浜松で不登校、引きこもり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別支援教育2~多文化共生でいきませんか⑤~

先日の特別支援教育についての記事に、 「自閉症児の保護者さん」から、こんなコメントをいただきました。 ・・・☆・・・・ 我が子の通う学校とは違うように思えます。 重度の自閉症の子どもが多く通っていますし。 逆に、地域の学校で受け入れてもらえずにつらい思いをして 特別支援学校に入学して来る子どもが増え続けています。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

違いを理解するアタマ

自閉症スペクトラムの人たちの、特性をアセスメントしたり、支援を考えたりすると、とても脳が疲れます。 脳が疲れるって・・・(笑)とよく笑われるのですが、そう表現する以外にない感覚です。 頭が疲れるというと、頭全部が疲れる感じ。 脳が疲れるのは、普段使っていない部分を使ったぁ(@@)?*`&$#という感じ。 自閉症スペクトラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別支援教育

1年生の1年間をみんなと一緒に過ごした男の子。 今年から、教科学習のメイン教科、国語と算数の時間は、 特別支援級に行くことになりました。 確かに、1年の初めから、何の支援もなく学習を進めることは難しいだろうなぁと 思っていました。 でも、とてもおおらかに(正確に言えば、周りの目を全く気にしないで)生きていて、 ひょう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more