やる気は相乗効果

先週、大雪の北海道で、若い支援者のみなさんの研修の講師をさせていただいた。

ばたばたしたスケジュールの中で、しかも、初めてのプログラム。
こなれていないし、時間配分もうまくいかない。。。
でも、せめて中身はしっかりと伝えよう!と思いながらのスタート。

話していて、ふと気づく。
あれ?なんだか私すごく一生懸命話してる。
今まで出会ってきた自閉症の人たちの顔が次々浮かんでくる。

そうか。
私の方を向く顔と目が、きらきらしている。
ひとつでも多く学び取ろう!!という気持ちが伝わってくる。
そのパワーに無意識に応えていたんだ私。

私は想定外…想定以上のパフォーマンスで、伝えられたな。
という満足感が残る。

・・・*・・・

「初めてのプログラムで…」と少々言い訳。
かえってきた言葉は
「初めての企画ですか!光栄です!」

そう。
初回は、こなれてはいないけれど、コンセプトと想いがはっきりしている。
そして、この人たちに向けてなら。というターゲット。
一緒に作り上げていく気持ちが共有されていけば、効果は計り知れない。
それを知っていて、しかも、言葉にして投げ返してくれる人たち。


この人たちの言葉を聞き逃さない!という姿勢もすばらしかった。
夜鍋を囲みながらの話しでも、仕事や研修の後で疲れているだろうに、
体も目もこちらに向けて聞き入ってくれる。

学びは、研修会の場だけではできない。
その人の人生からこそ、学ぶことがあると思う。
その学びを引き出すのも、聞き手の姿勢だと感じる。
自然に話してしまうし、何よりも、伝えたい!というパワーがでてくる。


日頃現場で、真摯に、真剣に、利用者のみなさんと向き合い、関わり、
いつも自分の仕事をよくしよう!と頑張っているんだろうな。
彼らのために、自分の経験や知識が役立つなら嬉しい。
と心から思う。

久しぶりに、「まだ変われるかもしれない、まだ変えられるかもしれない!」と思う。
感動だった。


言われたからでる研修。
講師だから…とつきあってくれているんだろうな…と感じる場。
では、やる気の相乗効果は生まれない。
当然感動も。


「やねだん」豊重哲郎さんからの教え。
感動が人を動かす。

そうか。
感動は、自分だけでなく、相手も一緒に、動かすんだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック