やまんばとゆきだるま

アクセスカウンタ

zoom RSS ふれあい囲碁

<<   作成日時 : 2010/12/22 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「やねだん」で、総務省・椎川さんがご紹介くださった「ふれあい囲碁」
いつか、ふれあってみたい!と思っていたのですが・・・

11月、安田九段が海外への親善使節として出発される前日に、
川崎で、ふれあい囲碁まつりがあり、参加させていただきました。

画像


「ふれあい囲碁」という
子どもからお年寄りまで、
障害がある人も無い人も、
職業も関係なく、
いろいろな人が集まり、みんなが楽しく、しかも1対1で向き合える触媒。
その可能性。。。すでに可能性を越えて、実体となっていましたが。。。を肌で感じました。

画像

(おかあさん手作りのふれあい囲碁の碁盤と碁石(?))

安田九段と一緒に、ふれあい囲碁の説明をしてくれた小学4年生くらいの男の子は、LDだそうです。
とても明るく自信に満ちた表情でした!

私は2歳の女の子と、特別養護老人ホームの看護士さんと、ADHDの男の子と対局(?)しました。
それぞれに違う、向き合う楽しさと充実感がありました。

また、ふれあい囲碁の後は、音楽祭です!
歌手を目指す女性、新体操をやっている小学生チーム、熱々(?)のカップルのLovesongs。。。
そんな人たちが「ふれあい囲碁」というキーワードで集まっているのです。

そして最後は。
CDをリリースされたばかりのJAZZシンガー&バンドのセッション♪
障害のあるお子さん(ふれあい囲碁の名人!&トランペット奏者!)のお母さん。
子育て中のお母さんたちに、聞いてほしい。。。というJAZZ-SONGSは、心にしみるものでした。
涙腺の緩いわたしは。。。。(−−。。。

福岡から船旅で行商(?)の旅をしているという自然素材のクッキーやさんと、
絵&言葉の素敵な作品を、その人に合わせてその場で書いてくださる画家さん。

繰り返しになりますが、このすべてが「ふれあい囲碁」というキーワードで集まっているのです。
そして、その場には、とても柔らかく温かな時間があります。
初めての私も、全く違和感なく受け入れてもらえました。

何か特別なチャンスをつくらないと、話し始められない子どもやお母さん、大人もかな。
いつも忙しがっていて、たった5分でさえ、しっかりと向き合えない親子。
生徒と先生、利用者と職員、障害者と支援者、若者と高齢者、外国人と日本人。。。
対等になれない・なろうとしない人たち。

競うのではなく、ふれあう。
でも、囲碁だから、1対1で向き合い。
簡単なルールだから、誰が勝つかわからない。

勝つことも負けることも学び、
誰にも勝つことも負けることもあることを知り。

自分も勝てる喜びと自信と、
潔く負ける強さとしなやかさを学ぶ。

すべての人に必要な、生きていく上でとても大切な「ちから」。

この空間が、町や村のあちこちにできたら素敵です。
どんな人でも、どんな場でも始められる「ふれあい囲碁」だから、
いろいろなところにふれあい囲碁・碁会所ができたら素敵だろうと思いました。

画像

(ふれあい囲碁を楽しむ障害者施設でつくられた碁盤と碁石(?))

安田九段は、ふれあい囲碁は戦争も終わりにできる!と、
ジュネーブ経由で紛争地帯へ親善使節として行かれているとのこと。
ひたむきな熱意と行動力に、ただただ打ちのめされる想いですが。。。

私も早速かわいい碁盤を入手し
まずは、身近な、娘たち小学生と楽しみ始めています。


『命を救う「ふれあい囲碁」』安田泰敏著 NHK出版協会生活人親書
画像

http://www.amazon.co.jp/%E5%91%BD%E3%82%92%E6%95%91%E3%81%86%E3%80%8C%E3%81%B5%E3%82%8C%E3%81%82%E3%81%84%E5%9B%B2%E7%A2%81%E3%80%8D-%E7%94%9F%E6%B4%BB%E4%BA%BA%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%AE%89%E7%94%B0-%E6%B3%B0%E6%95%8F/dp/4140881240


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ふれあい囲碁 やまんばとゆきだるま/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる